成功する人もいれば失敗する人もいる投資。投資では成功するよりも失敗しないことのほうが大切です。投資で失敗しないためにも、まずは投資について必要な最低限の知識を身につけましょう。

失敗しない投資のしかた

成功する人の投資の仕方

新聞や雑誌で投資に関する記事が多く掲載される様になりました。
そんな投資を始める人にとってまずは将来的に利益を得るためには、どの様な投資手法が適しているのかを事前に知る事が重要です。
投資で失敗をした話し等を耳にすると、あまり積極的に運用が出来ないかもしれませんが、成功する人の運用方法を知る事で少しでも経験談を参考にする事が出来ます。
よく投資に成功する人の話しとして紹介されるのが、投資で得た資金をさらに運用する事で、運用資金が徐々に増えていく方法です。
特に不動産等の金融商品の場合、運用額が大きく、その中で得た利益の金額も非常に大きくなります。
そのため、得た利益をさらに投資に回す事で、元手が増えた分さらに高額な金融商品の運用が可能となるでしょう。
しかし、資金が高額になればその分リスクを負う事も意味します。
そのため、リスクを分散する必要があり、一つの金融商品に特化して運用するよりも、金融商品を分散する事でそのリスクを減らすことも可能です。
しかし、実際には経済や各国のニュース等の外部要因により株価や資産が損をする事も考えられます。
その様な場合にも、損を出し続けるか、もしくは一定金額損をした時点で商品を売る事で大きな損を防ぐ事にもつながります。
投資を始めたばかりの人は、この損を出した瞬間すぐに売る事が出来ないため、徐々にその損が広がっていく事があります。
自分の中でしっかりとしてルールを決めておき、損を出した時点で売るという行為が出来る様になる事が重要です。
この様に、成功している人の体験談や手法を参考にする事で今の自分と比較しながら、取り入れられる方法は取り入れてみると良いでしょう。
新たな考え方や手法を知る事にもつながるでしょう。そういった意味では投資顧問のアドバイスを聞くのも1つの方法です。投資顧問は口コミなど評判を確認した上で決めるとよいでしょう。例えば話題のトレーダーズブレインマーケットの評判はこちらにありますので、どういった評判が多いかこちらに限らずチェックしてみるのも良いです。

失敗する人の投資の仕方

投資には失敗がつきものですが、失敗する人のやり方には傾向があります。
まず第一に、事前に研究をしないで投資を始めるパターンです、多くの人は知人などからこの株を買えば儲かるという話を聞き、喜び勇んで株を買い、想定外の急落で損切をします。
それで株をやっても儲からないと単純に決めつけ、損失を取り戻すチャンスを知ろうともしないまま投資の世界を去ります。
長期の値動きを研究すると、急落しても数年のうちに株価が戻ることはよくありますし、急落した時こそ追加投資を行うチャンスなのです。
一度のタイミングで資金を全部つぎ込んでしまうと、その後はどうすることもできません。
研究をしていればそれを理解するのは難しいことではありません。
次に、自分で決めたルールを徹底できない人は損をします。
研究をして儲けるメソッドを作ったものの、目先の欲望や不安から決めたやり方を守りきることができず、損切をしてすぐに株価が戻るパターンです。
チャートの動きを研究しても、実際に投資を始めると、早く儲けを出したい、損が広がるのが嫌だという感情が出てきます。
野心がある人の方がその感情が強く、投資にはあまり欲がない人の方が向いていると言われるのはそのためです。
思うように株価が上がらないことは多いです。
しかしそんな時こそ、下がったら購入、上がったら売却という基本的な戦略を忘れないようにしましょう。
長期での利益を向上させるには、儲けたお金で再投資を行うことが必要です。
株初心者は株入門ガイドなどを参考にして大きな失敗をしない投資法から覚えていくことが必要です。

投資で失敗しないためには損失を抑えよう

株式や不動産など、あらゆる投資で失敗しないために大切なことは共通しています。
それは、損失を抑えるということです。
注目株を多く購入し利益を出すことは大切ですが、それ以上に損失を抑えることが重要なのです。
なぜなら、投資を行うためには資金が必要だからです。
株式であれば株式市場に上場されている銘柄を購入するための資金を取引口座に入金しておかなければならず、不動産であれば物件を購入し場合によっては賃貸に出すための修繕費も考慮しなければなりません。
投資を実践するためには、どんな状況であっても資金があることが必須条件なのです。
そこで重要なのが損失を抑える投資戦略です。
株式の場合は投資銘柄を厳選した上で損切りを徹底することを心がけましょう。
損切りは少額の損失が出るものの大きな損失を防ぐ方法として非常に有効で、結果として損失を抑えることに繋がります。
株式においては、少額の損失が積み重なっても一度の売買で全ての損失を帳消しにする利益を出せることも珍しくないため、そのチャンスを待つためにも大きな損失を出して投資資金が底をつくことを避けなければならないのです。
不動産の場合は、インカムゲインである家賃収入を得ることが損失を抑える良い方法です。
家賃収入は毎月決まった金額が確実に振り込まれるため、安定した収入になります。
インカムゲインを確保しつつ、他の取引案件でキャピタルゲインとなる売買差益を狙うことが最良の投資戦略だと言えます。
仮に売却価格が低く売買差損が出てしまったとしても、インカムゲインでその損失を補填できるためです。
あらゆる投資において、損失を抑えることが失敗しないために重要なことであり、守るべきことでもあるのです。

■投資で迷ったら投資顧問に頼るのもよいでしょう
ファーストリッチ投資顧問の口コミ